オールセラミックの料金や歯列矯正について

オールセラミッククラウンを使った歯科治療の料金や歯列矯正のメリットやデメリットについてのブログ

歯並びも犬歯もセラミックで解決したい

 

【オールセラミックがこんなに安い!?】詳細はこちら→【格安!!】オールセラミックの差し歯の料金が1本47,000円のJDF

犬歯をセラミックにしたいと考えてる人もいらっしゃるかもしれません。
犬歯をセラミックにすることは可能であり、それはとても良い方法ですが、治療を決断する前に考慮しておくべきこともあります。
一つは、治療内容についての知識を取り入れておくことです。
さらには、セラミックの長所と短所についての理解を深めておくことも必要です。
セラミックはとてもメリットの多い治療ではありますが、デメリットもあるのでその両方を注意深くチェックしておく必要があります。
まず治療内容はどういったものかといえば、歯を削ってセラミック製のシェルを貼り付け、その上から人口歯を被せるという処置を行います。
見た目が本物と変わらない状態に仕上がること、メタルフリーで金属アレルギーの心配がないこと、また治療が短期間で終わることが特徴です。
メリットは他にもあります。
例えば、吸水しないので清掃性がいいことや、変色を改善できること、ホワイトニングより白くできること、見た目に透明感と艶が出ることなどがあります。
デメリットとしては、保険治療ができないこと、衝撃に弱いこと、虫歯の治療で作り直す必要があること、削る量が比較的多いことなどがあります。
このようにメリット・デメリットの両方があることを覚えておきましょう。
セラミックでは削る必要があるため、自然な形で治療を行いたいと思う人は向いていません。
一方で、削ってもいいから短期間で処置を終わらせたいと思う人には向いています。
治療期間は個人差がありますが、最短で1週間、白さやサイズは選ぶことができます。
費用については自由診療であるため、残念ながら高額になることを覚悟しなければなりません。
医院ごとに費用は異なりますが、保険治療の場合のように費用の分担ができないので、相応の負担に備える必要があります。
治療費ドットコムなどで安い医院を探したり、ローンで支払うことも想定しなければなりません。
セラミック治療では、医師の臨床経験、カウンセリング力、デザイン力などが求められます。
医院探しでは、こうした資質を備えているかどうかを見極めることも大切です。

詳しくはこちら。


東京でオールセラミッククラウン治療!費用相場はどれくらい?: 東京オールセラミック治療ストーリー

広告を非表示にする