読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールセラミックの料金や歯列矯正について

オールセラミッククラウンを使った歯科治療の料金や歯列矯正のメリットやデメリットについてのブログ

犬歯にも歯列改善にもセラミック

 

【オールセラミックがこんなに安い!?】詳細はこちら→【格安!!】オールセラミックの差し歯の料金が1本47,000円のJDF

犬歯をセラミックにすることはできるのだろうか?
こんな風に考えてる方もおられると思います。
犬歯をセラミックにすることは、結論からいえば十分に可能です。
ただし、治療法についてよく把握しておくこと、メリット・デメリットについて勉強しておくこと、また費用についても考慮しておく必要があります。
まずセラミックがどんな治療であるかについて理解しておきます。
セラミック治療というのは、歯を削って、そこにセラミック製の素材を被せて人工歯を形成するというものです。
シンプルな処置でありながら見た目は自然に仕上がり、金属を使用しないため金属アレルギーの心配がないことが特徴です。
メリットは、仕上がりが自然になること、周囲との調和が良いこと、メタルフリーなこと、歯の磨り減りが少ないこと、並びを少し改善できることなどがあります。
また、吸水しないために清掃がよく、頑丈で強度が高いこともメリットになります。
デメリットは、治療費が高いこと、削る量が多いこと、仮止めで様子見することができない、長期的予後が分からない、ホワイトニングより白くなることです。
メリット・デメリット両方があるので、バランスよくチェックしておくようにしましょう。
さて、セラミック治療は自由診療であるため、保険治療ができないことを頭に入れておく必要があります。
保険治療ができない自由診療なので、つまりかかる費用は全額が自己負担となります。
資金的な備えをどうするか、予算や資金計画、安い医院を探したりローンによる支払いを考慮するなど、費用面で検討しておくべきことがあります。
また、安心して任せられる医院を探すことも必要です。
実際のところ、セラミック治療の完成度は医師や技工士の技術によって左右されます。
単純に治療技術だけではなく、カウンセリング、デザイン力なども求められる分野なので、そうした資質も見極められるようにしなければなりません。
セラミックは、金属アレルギーに悩む方、銀の詰め物が気になる方、形を思い通りにしたいという方にぴったりな治療法です。

広告を非表示にする