読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールセラミックの料金や歯列矯正について

オールセラミッククラウンを使った歯科治療の料金や歯列矯正のメリットやデメリットについてのブログ

セラミックと歯列矯正!メリットが多いのはどっち?

 

【オールセラミックがこんなに安い!?】詳細はこちら→【格安!!】オールセラミックの差し歯の料金が1本47,000円のJDF

歯を美しく整えるならセラミックか歯列矯正か、どちらがいいのかと悩んでる方もおられるかもしれません。
両方に特徴があり、メリット・デメリットがあるため、一概に結論づけることはできません。
セラミックのメリットといえば、短期間で治療が終わること、審美性に優れること、通常の矯正より費用が安いことなどがあります。
歯列矯正のメリットは、自分の歯だけで自然に改善できることがあります。
どちらがいいとも一概にはいえませんが、費用面、治療期間、審美性においては、セラミックに軍配が上がると判断することができます。
ただし、どうしても自分の歯を削りたくないと思う人は、歯列矯正を選択することができます。
確かに審美性ならセラミック治療が有効ですが、こちらもこちらでメリットとデメリットがあります。
その両方をよくチェックしたうえで、なおかつ注意深く医院選びをしたうえで、治療を決断する必要があります。
まずメリットについては、天然に近い状態に調整できる、調和性が良い、磨り減りが少ない、清掃性がいい、金属を使用しない、透明感があることです。
他にも、食べ物の色素が付きにくいことや、治療できる医院が多いことなどもメリットになります。
デメリットは、並びを整える効果は薄いこと、短期間で剥がれる可能性もあること、治療で作り直しが必要になること、費用が高額なことです。
とりわけ費用が高額になることは大きなデメリットになります。
セラミック治療は保険の利かない自由診療のため、かかる費用は全額自己負担しなければなりません。
治療費は医院ごとに違うので、なんとか安い医院を探すか、支払をローンにするなどして、費用面をクリアする必要があります。
加えて、医師や技工士の技術にも注意する必要があります。
セラミック治療では、医師の技術、カウンセリング力、実績、経験などが完成度を左右します。
したがって、治療を受ける医院を探すときは、これらの点にも注意を向けておきましょう。