読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールセラミックの料金や歯列矯正について

オールセラミッククラウンを使った歯科治療の料金や歯列矯正のメリットやデメリットについてのブログ

セラミックと歯列矯正はどっちが有効?

 

【オールセラミックがこんなに安い!?】詳細はこちら→【格安!!】オールセラミックの差し歯の料金が1本47,000円のJDF

見た目に不具合のある歯を美しく整えるためには、セラミック治療をしたり歯列矯正を行ったりすることで改善することができます。
セラミックも通常の矯正もどちらも改善に役立つ方法ではありますが、両者は同じものではありません。
双方に治療法には特徴があり、メリット・デメリットも違います。
どちらの方法がいいかは、本人がどんな治療を望むかによって変わります。
両者の違いを大きく分ければ、削るか削らないかです。
セラミックの場合は削る必要がありますが、通常の歯列矯正ならそのまま残すことができます。
本人が自分の歯を残すことを望むなら、通常の並び改善を、削ってもいいと思うならセラミックを選択することができます。
どちらを選ぶ場合でも、費用負担が大きくなることを考えておかなければなりません。
特に歯列改善のほうが高額になるのですが、セラミックも自由診療のため、保険治療よりははるかに高額になります。
保険治療なら費用分担がありますが、自由診療ではそれがないため費用は全額自己負担となります。
また、双方のメリット・デメリットについて考慮する必要もあります。
セラミックのメリットといえば、審美性がいいこと、清掃性に優れること、メタルフリーなこと、素材が頑丈なこと、磨り減りが少ないことなどがあります。
一方デメリットは、術者の技術で完成度が左右される、自由診療で費用が高い、短期間で剥がれることもある、割れやすいなどがあります。
通常の並び改善のメリットは、自分の歯を残したまま自然に治療ができることです。
一方デメリットは、治療期間が長くなること、治療中の制限が多いこと、痛みを感じることがある、装着の違和感があることです。
こうした各治療のメリット・デメリットを考慮したうえで、慎重な医院選びを行うことも必要です。
医師と技工士の技術、ノウハウ、カウンセリング力、実績、評判などを、総合的にチェックして判断していきます。
インターネットの口コミや比較を参考にすることもできるでしょう。
東京ならこちらをご参考にどうぞ。


東京でオールセラミッククラウン治療!費用相場はどれくらい?: 東京オールセラミック治療ストーリー

広告を非表示にする