読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールセラミックの料金や歯列矯正について

オールセラミッククラウンを使った歯科治療の料金や歯列矯正のメリットやデメリットについてのブログ

セラミック治療と通常の歯列矯正はどちらがいいの?

 

【オールセラミックがこんなに安い!?】詳細はこちら→【格安!!】オールセラミックの差し歯の料金が1本47,000円のJDF

歯を美しく整えるための方法としては、歯列矯正とセラミック治療があります。
どちらも自由診療で治療費は高額ではありますが、治療のメリットは双方にたくさんあります。
まず通常の矯正ですが、この方法では固定式装置などを使って時間をかけて処置を行っていきます。
時間がかかることが最大のデメリットになりますが、その分、削ることなく自然なままで改善を行っていくことができます。
どんな場合でも自分の歯を削ることはしたくないと思うなら、通常の矯正処置を選ぶことができます。
ただし処置には時間がかかりますし、治療費も高額になることを覚悟しなければなりません。
自由診療では治療費が医院ごとに異なるため、激戦区の都市部などで安い費用の医院を探すこともできますが、ネットの口コミ情報を参考にすることもできます。
治療費を一括で支払えない場合は、ローンを利用することもできます。
治療費は医院ごとに違うので注意深くチェックしておかなければなりません。
さて、別の方法としてはセラミックという方法もあります。
セラミックでは、歯を削ってセラミック製の素材を貼り付けるという処置を行います。
極めて人工的な処置になり削る必要も出てきますが、治療期間は短期間ですむのがメリットです。
他にも、吸水しないために清掃性がいいこと、金属アレルギーの心配がないこと、自然な仕上がりになること、強度が高いことなどのメリットがあります。
デメリットには、割れる可能性があること、噛み合わせの改善はできないこと、術者の技術で完成度が変わること、自由診療のため治療費が高いことなどがあります。
どちらを選ぶべきかは、どんな治療を望むかによって変わります。
自然な形で改善したいと思うなら通常の矯正処置を、削ってもいいから短期間で治したいならセラミックを選ぶことができます。
いずれを選ぶ場合も自由診療であることを忘れてはいけません。
自由診療は保険治療と違って費用は全額自己負担になります。
綿密な資金計画を立てることはもちろん、できるだけ安い医院を探す努力も必要です。
一方で、技術的に信頼できる医院を探すことも必要になります。
こういった記事などを参考に探すのがいいでしょう。


東京でオールセラミッククラウン治療!費用相場はどれくらい?: 東京オールセラミック治療ストーリー